未分類

仮想通貨!一万円と比較!分かりやすく説明します!

投稿日:

ビットコインなどの仮想通貨について、日本の1万円札と比較しながら分かりやすくお伝えします。

・仮想通貨は形がない世界共通のお金
仮想通貨と1万円札の大きな違いは形があるかないかです。でも、どちらもお金として使えます。一万円札にしても素材はただの紙です。でも、買い物ができる価値があると認められるのは、法律に基づいて日本という国が発行をしているという信用があるからです。

信用の上に成り立っているという点では仮想通貨も同じです。使っている人たちは仮想通貨を買い物に使える現金に交換できると信用しています。この信用に基づいて世界のインターネット上で共通で使えるお金として成立しています。

・仮想通貨の価値は変動する
仮想通貨はお金のように使えますが、1万円のようにずっと価値が変わらないわけではありません。信用して買う人が多ければ価値が上がり、取引所が倒産したり信用がなくなると価値が下がってしまいます。

1万円札の価値は保証されていますが、仮想通貨は価値が上がるというメリットもあれば逆に下がってしまうという可能性もあるのです。

・仮想通貨の信用を保つための対策
仮想通貨は国が発行するとか言った信用の後ろ盾はありませんが、インターネット上で信用して持っている人たちの間で安定した価値を保てるようになっています。

一つは、流通する仮想通貨の枚数の上限を設けているということです。例えばビットコインであれば2100万枚です。また、仮想通貨の取引が一つあるとその記録は世界中の全ての仮想通貨を利用している人に送られます。これによって全員で不正やデータの改ざんがないように監視することができるというメリットがあります。

・仮想通貨はどんな時に使いたいか
日本国内で買い物する時は1万円札を普通に使っていれば何の損もありませんが、外国に1万円札を送金して買い物する場合は、世界共通の仮想通貨を使った方が得です。送金の手数料もかからないしレートで価値が変わってしまうこともありません。

また、1万円札のような信用できる国が発行するお金がない地域の人たちは、スマホなどを使い仮想通貨を使っています。アフリカなど国の政情が悪かったり銀行に信用がなかったりして国の通過よりも仮想通貨の方がよっぽど信用して使えるということです。

まとめ
仮想通貨の種類はビットコインだけでなくリップル、ライトコイン、オーロラコインなどがあります。今後どんどん世界はグローバル化して行きます。完全な世界共通の言語はありませんが、世界共通の通貨が便利に使えればありがたい事ですね。

-未分類

Copyright© 誰でもできる!ネットビジネスワーカーへの道 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.